ニュース

ついには・・・。

ついには・・・。

(公開: 2014年10月14日 (火)

破産申告を考えている人でその借り入れにあたってその保証人が存在する場合は、きちんと話しておくべきです。

 

さらに、改めて言いますが、保証人となる人物がいるときは破産前に考えるべきです。

 

その理由は破産申告をして受理されれば補償する立場の人があなたの負債をみな負うことになってしまうからです。

 

ということから、破産申告の前に保証人となる人に、至った詳細や現在の状況を説明しつつ、お詫びをしなくてはいけないでしょう。

 

これらのことは保証人になってくれた人の立場からすると当然のことです。

 

借金をしたあなたが破産宣告することから、結果的に高額の返済義務が発生してしまうのですから。

 

そうなると、そのあとの保証人である人の取れる方法は以下の4つです。

 

まず1つめですが保証人となる人が「いっさいを返金する」ということです。

 

保証人がすぐにでも数百万もの借金をポンと返せるようなキャッシュを用意しているならばこれが可能になります。

 

でもその場合は、あなたは破産申告せず保証人である人に立て替えてもらい、あなたは保証人である人に月々一定額を返済するということもできるかと思われます。

 

また保証人があなたと関係が親しい場合は少しだけ弁済期間を延期してもらうこともできるかもしれません。

 

保証人がひとまとめにして返金ができなくても、業者も分割による支払いに応じる場合も多いです。

 

その保証人にも破産手続き実行されると、貸したお金が一銭も返らないことになりかねないからです。

 

保証人がその借金を代わりに背負う財力がない場合は、あなた自身と同じく何らかの方法による債務整理をすることを選択しなけばなりません。

 

続く方法は「任意整理をする」ことです。

 

相手方と相談することによって、5年ほどのあいだで返済していく形を取ります。

 

弁護士などにお願いするときの経費は債務1件ごとに4万円ほど。

 

もし7社から債務があれば約28万円いります。

 

むろん債権者との交渉は自分でチャレンジすることも不可能ではないかもしれませんが法的な知識のない方の場合向こうがあなたにとってデメリットの多い内容を勧めてくるので、気を付ける必要があります。

 

また、任意整理で処理するという場合も保証人となる人に借金を負担してもらうことになるのですから、少しずつでも保証人に返済していく義務があるでしょう。

 

さらに3つめは保証人となっている人も借金した人といっしょに「自己破産をする」ということです。

 

その保証人も返せなくなった人といっしょに破産手続きをすればあなたの保証人の負債も消滅します。

 

しかし、保証人がもし株式などを登記している場合はそういった私財を没収されますし証券会社の役員等の職についているならば影響があります。

 

そのような場合、個人再生制度を活用するといいでしょう。

 

最後に4つめの方法は「個人再生をする」方法についてです。

 

不動産を手元に残しつつ整理をしたい場合や破産では資格制限に触れる職業に従事している方に検討していただきたいのが個人再生による処理です。

 

この処理の場合自分の住宅は処分する必要はありませんし、破産の場合のような職種にかかる制限資格制限等は何もありません。

 


テスト

テスト

(公開: 2014年9月23日 (火)

テスト記事です。